サイトマップ: あ〜さ / た〜は / ま〜わ

忙しい

2007 / 04 / 19 ( Thu )
最近どうにも忙しくてならぬ。。更新もままならないしお小遣い稼ぎすらする時間がない。こまったものだ。

DTIブログは3ヶ月書き込まないと削除されてしまうので、保守書き込みします。かなり長いこと新規記事をあげてないのに見てくださってる方、申し訳ありません。。まだまだしばらく書き込めそうにありません。

最近スーパーの食品の値段が上がってきましたね。節約には大変ですが、日本の景気が少しずつ良くなってる証拠だと考えれば、いいことなのかも。いや、本当に景気が良くなってれば、ですが。
節約ナビ | トラックバック(17) | コメント(124) | page top↑

肉味噌うどん2

2007 / 02 / 21 ( Wed )



先日、肉味噌うどんについて書いた。僕は肉味噌でうどんを作るときはいつもお湯を切ったうどんに肉味噌を直接絡めて作るのだが、ここ最近はうどんを茹でるとき、あまりお湯を切らない。冬場で寒いこともあり、煮込みうどんを作ることが多いからだ。そこで、濃い目の味付けをした肉味噌をうどんの茹で汁でのばしてみることにした。

意外にいける。

お湯を切ったうどんに肉味噌を直接混ぜて食べるやり方に比べ、当然味がマイルド。肉味噌自体とても味が豊かなので、茹で汁でのばしただけで十分に美味しい汁になる。肉味噌の中にお湯ごとうどんを放り込んだだけだから、いわばインスタントうどんといった感じ。

これは新しい発見をした、というと大げさだが、夏場は茹で汁抜き、冬場は茹で汁ありというような感じで作ってもバリエーションが増えていいかもしれない。何事も工夫である。。

[PR]ma’am Pig
節約レシピ(お惣菜) | トラックバック(12) | コメント(0) | page top↑

ブルーベリー

2007 / 02 / 18 ( Sun )


最近おやつにお気に入りなのがクレープである。近所のスーパーに一個150円ぐらいで売っているのだが、生クリームにイチゴが3切れも入っているという贅沢仕様。かなり美味しい。

ところで、このところかなり忙しい。僕は疲れが目に来るたちで、どうかすると目がかすんでしまう。最近計ってないが、きっと視力も相当落ちてるだろうな。

と、そういうわけで、ブルーベリー入りのクレープを探してみた。ブルーべりーは目にいい。目にいい成分はアントシアニンというらしいが、ともかく美味しいものを食べて視力が回復する、あるいはそこまで行かなくても多少改善されるなら儲けものである。

[PR]クレープスイーツの店クレープ工房
節約日記 | トラックバック(6) | コメント(0) | page top↑

肉味噌うどん

2007 / 02 / 17 ( Sat )


切り落とし肉、もしくはひき肉などの安い豚肉をにんにく、唐辛子、そして酒と砂糖や蜂蜜などで煮込み、仕上げに味噌を加えて焦がさないように煮詰めると、甘辛い肉味噌が出来上がる。料理というのもおこがましいような簡単な料理であるが、日保ちもよく、常備菜としては便利で使い出がある。

何しろ、しっかりと煮詰めてあるので味が濃い。このままご飯のおかずにしても飯の友という感じで美味しいのだが、個人的に一番いいのはうどんにつけて食べるやり方だと思う。

茹でたままの、熱々のうどんから笊にとって水気をとり、肉味噌を上からかけてやる。付け合せに漬物などをかじりながら、うどんと味噌を絡めてもりもりと食べる。

うどんの水気を取るところがポイントである。うどんはたっぷりの汁と一緒に食べることが多いが、これは汁ではなく麺をそのまま味噌ベースのタレにつけて食べる。トッピングに白髪葱とかキュウリの細切りを加えても美味しい。つけ麺、というのもちょっと違うのだけれど、かなりイイですので、ぜひ一度お試しあれ!

[PR]山形大石田 食彩処いげたや
節約レシピ(お惣菜) | トラックバック(8) | コメント(0) | page top↑

みかん

2007 / 02 / 15 ( Thu )


お風呂に入っていたら、目の前にオーロラのような光の帯が見え、視界が欠けた。2年前に一度同じようなことがあたったのだが、これは閃輝暗転とかいう病気らしい。重篤な病気でもなさそうだが。

閃輝暗点

過労が原因だって。嫌だねえ。病気になれども働かないわけにはいかないし、困ったもんだ。

疲労回復にはいろいろいいものがある。例えば肉類なら豚肉。穀物なら白米よりは玄米や雑穀。しかし、手っ取り早いのは果物だろう。そういえばこのごろはあんまり果物を食べていない。今の季節ならやはり蜜柑か。剥くだけで食べられる。簡単で美味しい。

ともかく、食って生き延びよう。。
節約日記 | トラックバック(3) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ