サイトマップ: あ〜さ / た〜は / ま〜わ

水出しのコーヒー・紅茶

2006 / 09 / 02 ( Sat )
三菱レイヨン クリンスイピクシーウィンPX912-WT

お茶やコーヒーには、抽出するためのお湯が必要になります。しかし、お湯を電気ポットで保温するのはあまりにもお金の無駄が多いです。もちろん、ほんの一杯飲むのにガスで一々沸かすのは大変とか、魔法瓶でお湯を保存するとぬるくなる、などということもあります。そこで、毎日お茶を飲むのがやめられないカフェイン中毒の方におすすめの方法があります。それは水出しです。

お茶もコーヒーも熱いお湯で出すのが普通だとお考えでしょうが、実は水につけて数時間かけてじっくり抽出すると、雑味のないすっきりとした味わいに仕上がるのです。容器に必要なお茶葉やコーヒーなどを入れ、それにお茶に合うミネラルウォーターを注ぎ、冷蔵庫で一晩置いておけば、翌朝には美味しいアイスティーやアイスコーヒーができあがります。

水出し自体は節約でもなんだもないお茶やコーヒーの抽出法ですが、ここは節約ブログですので、そこまではこだわりません。ペットボトルに普通の水道水を注ぎ、ティーパックをしこんでおくだけでかまいません。インスタントコーヒーはゆっくりかき混ぜれば水でとくことができますので、それを急須とか漏斗を使ってペットボトルに入れれば大丈夫。もちろん、冬に暖かいお茶が欲しければ、カップに注いでから電子レンジで暖めれば、それでいいわけです。

問題があるとすれば、何度もお茶を作っているうちにペットボトルが茶渋で汚れることと、ティーパックを使った場合は取り出すときに破れてしまうことがあるということでしょうか。茶渋は、さすがに磨き粉で磨くわけにはいかないので、何度か使ったら取り替えるなり、開き直って気にせず使い続けることでしょう。ティーパックを取り出すのも、あわてなければそんなに難しいことではありません。

日本の水道水は外国に比べて綺麗と言われますが、それでも煮沸しない水を使うのが気になる方は、浄水器でも取り付けてみてはいかがでしょうか。。図の浄水器は節水シャワー付で一石二鳥の節約です!
電気代を節約 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

保温について

2006 / 09 / 01 ( Fri )
【翌日発送可能】リンナイ 炊飯専用釜 RTR-03A【送料無料】

電気釜でご飯を炊くと、当たり前のように炊飯から保温に切り替わります。また、朝に手早く暖かい紅茶やコーヒーが飲みたいため、電気ポットにお湯を入れ、一晩中保温にしておく人も多いのではないでしょうか。しかし、この保温という行為、実は非常にエネルギーの無駄であり、さらにご飯に関しては時間がたつほど味が劣化してしまうという副作用があります。僕も一時電気ポットを使ってお茶やコーヒーをがつがつと飲んでいたのですが、月々の電気代が千円以上も一気にふえました。あんな小さなものが、と思うほどに、電気ポットでの保温には電気代がかかります。なるべくしないほうがいいでしょう。

ご飯は、まとめて炊いておいて冷まし、冷凍して食べるときにレンジで暖めるのが一番です。いっぺんに炊けば炊くときの手間や電気代も少なくてすみます。冷凍する前にちゃんと冷まさないと、冷蔵庫の電気代がかかりますので注意しましょう。団扇であおいで冷ますのが日本的情緒ですが、ともかく風を当てて冷ますのがいいです。ご飯にかぎらず、食品を冷ますときには、冷えてから密閉しないと痛みやすいので気をつけてください。ご飯を冷凍するときは、きちんと小分けすることを忘れないようにしてくださいね。

電気代は従量課金です。基本料金以上に使う量が増えれば増えるほど、単価が上がっていきます。少しでも節電して、なるべく基本料金内で使うことを心がけましょう。
電気代を節約 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

クーラー代を節約!その3

2006 / 08 / 22 ( Tue )
サーキュレーターゼピール製 サーキュレーターエアコンや暖房の風邪を部屋中に循環シーリング...

暑い中、一日汗にまみれて働き、帰ってきたら部屋が冷えている。これはかなり気分のいいことですが、節約という観点からすると、あまりよくありません。人がいない部屋を冷やすのは、やはり無駄が多いのです。

もちろん、誰もいない部屋が冷えているという単純な無駄のほか、帰る時間が遅くなってタイマーとずれてしまうことなどもあげられます。あなたがどうしてもドアを開けたら涼しい部屋という状態が好きなら止めませんが、やはりできれば帰ってから自分にとってちょうどいいだけ冷房を効かせたいところです。節約という観点を重視するなら、スイッチ入れのタイマー予約はよしましょう。

一方、寝るときにクーラーをつける方もおられると思います。暑さで寝苦しくなり、よく眠れなかったりして翌日うつらうつらしているのは人生の中の貴重な一日の損失につながります。気分よく眠れるようにどんどんつけましょう。

ただ、人間は眠っているときは体温が低くなります。雪山なんかで、眠ると死ぬといわれるのはそのため。また、いくら夏でも夜は気温も下がります。クーラーをつけっぱなしで寝たら、風邪を引くかもしれません。そこで、スイッチ切りタイマー予約をしましょう。大体1時間ぐらいにしておけばOKです。

それと、扇風機を活用しましょう。扇風機は、一晩中つけっぱなしにしていてもたいした金額になりませんから。直接体に風を当てるのは健康によくないので、別の方向に向けるのがよいでしょう。部屋の中を風が循環して、とてもいい感じになります。
電気代を節約 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

クーラー代を節約!その2

2006 / 08 / 21 ( Mon )
暖房費節約!省エネ!マイナスイオン・センサー付サーキュレーター 

小学校の理科で習うとおり、冷たい空気は下に沈みます。そこで、エアコンの風向はなるべく上にします。また、暑いときには湿気が少ないと過ごしやすいので、ドライ運転にしましょう。風量は自動調整にした方が無駄がありません。そして、冷えてきたらなるべく早く切り、扇風機にシフトしましょう。

それと、パソコンなどの電気器具は熱を発散しますので、注意しましょう。部屋を冷ましても、中に熱いものがあったら意味がありません。水が大丈夫なものには固く絞った濡れ布巾をかけるのが効果的です。スーパーの生鮮食品売り場にはゲル状の保冷剤を袋詰めにしたものが余っていることがあるので、それを分けてもらって熱い電気器具に乗せるのも効果があるでしょう。ゲル状なので、破れる心配がありません。

クーラーは冷たい空気を部屋に流すことで部屋を涼しくする機械です。したがって、空気の出るところをきれいにしましょう。内部までは業者さんに頼まないとかなり難しいと思いますが、出口のところ、フィルターは普通の人でもすぐにきれいにできます。これだけでを月に1〜2回やるだけでも、たとえば毎日8時間クーラーをつけるとして、電気代が数百円ぐらい違うというなら、やらない手はないですよね!

また、家電製品は日進月歩で進化しており、最近では自動でフィルター掃除するクーラーもあります。これなど面倒もなく、もちろん自動フィルター掃除代はかかりますが、そんなのは掃除しない場合にかかる電気代の10分の1以下。基本の電気代も古いものよりずっと安いわけですし、このような点からみても、新しいクーラーを購入することも視野に入れていいと思います。
電気代を節約 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑

クーラー代を節約!その1

2006 / 08 / 20 ( Sun )
「生地のみの販売」防音・完全遮光・断熱・省エネカーテン 6784 巾150cm 0904感謝祭5

夏のクーラー、冬のヒーターと、エアコンは日常生活には欠かせない品物です。ただ、冬は他の暖房器具と併用することがほとんどなのに対し、夏は他の冷房器具が扇風機ぐらいしかないため、いろいろ問題があるようです。なにも考えず、ただ冷やせばいいんだろうということで低い設定温度にすると外気との温度差で体調がおかしくなったり、むやみと電気代がかかったりとろくなことがありません。ぜひ使用法を見なおしましょう。

僕はけちん坊なので、暑くてもめったにクーラーは使いません。まず扇風機をつかいます。扇風機は非常にエネルギーコストのよい文明の利器ですね。窓を開け、そばに扇風機をしこんでおけば、空気の循環にもいい感じです。とはいえ、最近はヒートアイランド現象とかで人が多い所は外も気温が高いので、夏の盛りになるとこれだけでは足りません。濡れたシャツを着て扇風機の風を浴びるのは涼しいですが、世の中そんなワイルドな人(?)ばかりでもありません。

そこで、エアコンの出番になります。効率的に部屋を冷やすには、まずお部屋の整頓をしましょう。物がたくさんあると空気の循環が悪くなります。整ったお部屋は気分がいいので、一石二鳥です。そして、部屋に直射日光が入らないようにしましょう。別に昼でも真っ暗にする、などということではありません。和室なら障子にカーテンをかける、という程度で十分です。ブラインドをつかって日光の量を調節するのもいいかもしれません。

実際にクーラーをつけるときは、まず設定温度を最高にしましょう。そして、まだ暑いと感じるときだけ、少しづつ下げていきます。一番最初から「この温度」と決めてつけるのはやめましょう。クーラーはあなたが涼しく感じることが重要であって、数字が重要なのではありません。28度で満足できるのに、25度と決め付けてはじめからその温度に設定するのは無駄です。お料理の味付けが薄味から徐々に濃くしていくのと同じで、人間の感覚は弱いものから少しずつ強くしていった方が刺激に慣れず、ちょうどいい所を探せるのです。
電気代を節約 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ